歌を歩く〜風の靴をはいて〜

 
「風の良寛」 「越後望郷」 「イスタンブール」 「歌を歩く」 「人生の帰り道」 「唄いそびれた夜を探しに」

CD「風の良寛」

風の良寛 村居偶成 へんろ旅  

CD『風の良寛』
風の良寛
[作詩・作曲]藤本すすむ

 

風の良寛 帰るふる里は
僧にも俗にも非ず 後ろめたさが
天上大風 凧よ風に乗れ
自由に心よ遊べ 大愚良寛

雪の良寛 凍える五合庵
しんしん降り積もる 外は雪の夜
今ここに生きる己 ただ見つめれば
沫雪の中に立つ 三千世界

春の良寛 桃の花盛り
流れに映る 花は紅
酒を酌み 歌を交わす 心の友を
訪ね行く 新飯田の有願さん

月の良寛 筆をさらさらと
三条大地震 見舞う手紙に
災難に合うときには 災難に合うが良い
死ぬ時には死ねば良い 月は満月

手毬の良寛 人の生きる道
問われ返し歌 貞心尼へ
つきてみよ 一二三四 五六七八 九十
十と納めて また始まるを

つきてみよ 一二三四 五六七八 九十
十と納めて また始まるを

 

 
ページトップへ

E-mail
fso@fsoffice.jp

TEL&FAX
042-523-7788

COPYRIGHT(C)オフィスFSO 2006-2007